ボトックスで素敵な笑顔に

先日、アラガンのWEBセミナーに参加しました。
テーマはボトックスで、九州で活躍する美容外科医の西田美穂先生がご自身の診療のご経験などを講演されました。

印象的だったのが「眉間のボトックスをすると、口角が上がる」という観察。
ある男性の症例で気がついたそうですが、そのお一人だけではなく、先生曰く「みんな」そうなっているとのことです。

眉間に注入したボトックスが遠く離れた口角で作用したとは非常に考えにく、その先生の考察では、眉間と口角の筋肉が「協調」して動いていて、その一方の動きが制限されるともう一方も動かしにくくなるのではないかということでした。

確かにそうなのかもしれないです。
眉を寄せるのも、口角を下げるのも、どちらも不機嫌だったり悲しかったり、ネガティブな感情の際の表情筋の動きですから、同じ感情の変化に応じて関連する筋肉が一斉に動くようなメカニズムがあるというのは実に納得のいく説明です。

でも、私が上記の発表を聞いて思い浮かんだのは、全く別のことでした。
「フェイシャルフィードバック仮説」です。

フェイシャルフィードバック仮説(facial feedback hypothesis)とは、一言で言えば
「表情の変化は、感情が表出した単なる「結果」ではなくて、表情の変化が逆に感情の変化の直接の「原因」となる」
というものです。

禅問答のようで分かりにくいかもしれないです、ごめんなさい。

感情の変化  → 神経を介して筋肉にシグナルを送る → 表情筋の動き(表情の変化)
表情筋の動き → 神経を介して脳にシグナルを送る  → 感情の変化

こういう両方向の神経伝達があって、感情の変化が表情の変化を介して増幅したり軽減したりするのだという仮説です。

こうした仮説を最初に著書で唱えたのは、「進化論」で有名なダーウィンです。

例えば、怒っているときに感情のままに怒りを表に出していると、怒りはますます強くなる。逆にクールを装っていると、怒りの感情までもが和らぐ。

確かにそうかもしれない。

でも、感情に身を任せて怒るにしても、逆にクールを装うにしても、自分自身、表情筋の動きをコントロールしているのか、それとも感情をコントロールしているのか、本当のところはなかなか分からないですよね。

それで、長らく「仮説」のままで研究のしようも無かったのだと思いますが、その状況を変えたのがボトックスです。
ボトックスを使えば(理論上感情の変化とは関係なく)表情筋の動きをコントロールできますから、「表情筋の動き」が原因となって「感情が変化」するかどうか確かめることができます。

そして、実際に、ボトックス注射によって眉間の動きを制限すると、ネガティブな感情が抑制される・・・具体的には「鬱(うつ)」の症状が改善することが示されていて、うつ病の治療法の一つとして注目されているのです。
(精神科領域全体の中での注目度の大きさは知りません、念のため)

眉間のボトックス治療をすることでネガティブな感情が抑制されるのならば、ネガティブな感情によって起きる他の表情変化も当然抑制されるはずで、下がりがちだった口角が上がるのは実に自然なことと考えられます。

もちろん、西田先生の考察を否定するわけでは全くなく、どちらもありそうだなあと思うのです。

新型コロナの影響で気持ちもふさぎがちな世の中。

一方で、笑いは免疫力をUPするという説もありますし、そして免疫力のUPはコロナに対抗する一助になりそうですし、できるだけ明るい気持ちで生活したいなあと思います。

「笑いで免疫力UP」に一番効果が高そうなのはテレビのお笑い番組ですが! 眉間や口角にボトックスを打つのも良いかもしれません。
少なくとも、見た目の印象が良くなって、周りの人を明るい気持ちにできるかもしれないですよね。

新型コロナ肺炎と男性型脱毛症の意外な関係

パンデミックを引き起こしている新型コロナ肺炎ですが、早い時期から男性の方が重症化しやすいことが指摘されていました。その理由として喫煙率や生活習慣などが取り沙汰されていましたが、もう一つの可能性として、男性ホルモンが関係するかもしれないという論文が発表されていました。

新型コロナウィルスが感染する際には、コロナウィルスの表面にある『スパイク蛋白』と呼ばれるたんぱく質が、ヒトの肺などで発現している『ACE2』(アンジオテンシン変換酵素2型)と結合することでウィルスが細胞の中に取り込まれるわけですが、それに先立って、スパイク蛋白が修飾を受ける必要があります。
この修飾(実際にはスパイク蛋白の一部分が切り取られる)をするたんぱく質がTMPRSS2(膜貫通型蛋白分解酵素セリン2)なのですが、男性ホルモンはこのTMPRSS2の発現を制御しているのです。

男性ホルモンの働きで、TMPRSS2の量が増え、TMPRSS2がコロナウィルスのスパイク蛋白を「修飾」することでコロナウィルスはACE2を発現する細胞に入り込めるようになる ― つまり理論上、男性ホルモンが間接的にコロナウィルスの感染を促進するだろうということです。

同じメカニズムはSARS(2003年に流行したコロナウィルス肺炎、新型コロナとよく似ている)でも実験的に確かめられています。さらに、TMPRSS2はインフルエンザウィルスの細胞侵入も促進します。

Gorenらは、上の仮説を確かめる目的で、スペインに於けるコロナウィルス肺炎の患者らについて、男性型脱毛症(AGA)の有病率を調べました。
その結果71%が「臨床的に有意な」AGAで、29%が軽度のAGAの症状を有していました。
比較対象となる、スペインの一般人口に於けるAGAの有病率は残念ながら無いのですが、白人(Caucasian)でおよそ31%から53%くらいと言われているそうです。

新型コロナ肺炎は、報道を見る限りは欧米での感染拡大が深刻で、アジアでは欧米と比べて感染者数も重症者数も少ないように見受けられます。アジア人には比較的優しいウィルスと言ってしまうと先走り過ぎかもしれませんが、医師向けの掲示板(m3.com)でもそうした見方は話題になっています。
その理由として、BCG説も取り沙汰されていますが、何らかの遺伝要因の可能性ももちろんあるわけです。

その遺伝の要因として、上記の男性ホルモンは候補の一つになり得るでしょう。
男性型脱毛症の人種による違いは、アングロサクソン(白人)は若くして発症して進行も早い、日本人は遅く発症して進行もゆっくりなのだそうです。

さて、男性ホルモンが新型コロナウィルス感染を促進することが本当だとしたら、あるいは新型コロナウィルス肺炎の重症化に男性ホルモンが関与しているのが本当だとしたら、男性ホルモンをターゲットとした治療が新型コロナウィルス肺炎の重症化を抑制する一つの候補になり得るのかが気になるところです。

今のところ、その証拠はありませんが、Gorenらはその検討はすべきだろうと結論づけています。
具体的には、AGAの治療薬として私たちが日々処方している、ザガーロやプロペシア(ザガーロの方が男性ホルモンの抑制作用が強いので、上記の目的では効果が高そう?)が、特にAGAの方々では新型コロナ肺炎の重症化リスクを抑制する可能性があると考えられます。(あくまで「可能性」です、念のため)

私たち美容・形成クリニックは医療機関とはいっても新型コロナとは縁が遠そうな分野と思っていましたが、意外なところでつながってるみたいだ、というお話でした。

文献>

Goren A et al
A preliminary observation: Male pattern hair loss among hospitalized COVID-19 patients in Spain – A potential clue to the role of androgens in COVID-19 severity.
J Cosmet Dermatol. 2020 Apr 16

Hoffman M et al
SARS-CoV-2 cell entry depends on ACE2 and TMPRSS2 and is blocked by a clinically proven protease inhibitor.
Cell 2020: 1-10

「板見教授インタビュー: 男性型脱毛症(AGA)になるメカニズム」
https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/kami_trivia/itami_01_choice/

エンビロン製品入荷のお知らせ

コロナウィルス感染が拡大し、緊急事態宣言が発出され、皆さまも息苦しい毎日を送っておられることと思います。
そのような厳しい状況ではありますが、Uビューティクリニックは予定通り4月14日から開院しております。また、昨日5月1日より保険診療も開始致しました。

さて、コロナウィルス感染拡大への当クリニックの対応について、HPでご案内しております。
コロナの影響による一部医薬品や化粧品の欠品のご案内もしておりました。
エンビロンの化粧品の殆どの供給が止まっている旨のご案内をしておりましたが、本日、下記アイテムが入荷しましたのでご案内申し上げます。

デリケートジェル
モイスチャージェル2番
モイスチャークリーム4番

(ジェルとクリームの1番は1セットのみ在庫がございます、クリームの2・3番は在庫切れです)

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Uビューティクリニック、開院準備の進捗について

Uビューティクリニックのホームページにて既にお知らせしておりますが、開院は4月14日(火)を予定しております。(健康保険を適用する診療については5月1日からの予定です)
一方の、前進となる海老名メディカルサポートクリニック美容外科・美容皮膚科は3月25日(水)に最後の診療を終えて、閉科致しました。永くご愛顧を頂き、通院して下さった患者の皆さま、また、関わったすべての方々に深く感謝申し上げます。

(なお、海老名メディカルサポートクリニック美容外科・美容皮膚科は、手続き上は「休診」という形にするようです)

ご案内が遅れておりましたが、電話番号が正式に決まりました。

(046)-240-0815

上記がUビューティクリニックの電話番号となります。
電話にてのお問い合わせやご予約の受付は4月14日(火)からとさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コロナウィルス感染が蔓延しております。不安を抱えて、また様々な不便を感じておられる方が多いことと思います。
(もちろん、私もそうした一人です)
感染を100%防ぐ方法はありませんが、少しでもリスクを抑えるために、Uビューティクリニックでは次亜塩素酸水生成器を設置し、次亜塩素酸水の噴霧による空間除菌を実施致します。また、医師、スタッフ一同、マスクを着用し、頻回の手洗いを励行致します。

また、患者の皆さまにもご協力を頂きたいと思います。
何となく体調が悪い、微熱がある、咳・くしゃみ・鼻水・のどの痛みなどの風邪症状がある場合には、来院前にご相談して頂けたらと思います。

また、リスク軽減のためのオンライン診療については現在検討中です。

厳しい状況での開院となってしまいますが、ウィルス感染の拡大を少しでも抑えられるよう、できることをして行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

移転の日程についてのお知らせ

Uビューティクリニックの開院は2020年4月を予定しております。
開院日はまだ決定しておりませんが、先行予約は4月14日(火)以降でお取りしております。

一方で、現在私が勤務しております、海老名メディカルサポートクリニック美容外科・美容皮膚科の閉科についてですが、こちらは3月下旬となります。
これまで、海老名メディカルサポートクリニック美容外科・美容皮膚科のHPで3月25日を最終日とご案内しておりましたが、諸般の事情により、診療最終日を3月24日(火)に変更させて頂きます。
エステ・脱毛については3月25日(水)までご利用頂けます。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご理解頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

ボトックスでマリオネットラインの改善

たるみの主な原因は、肌を支える支持組織の緩みやさらに深部の骨の萎縮などですが、実は自分の筋肉が「わざわざ下に引っ張っている」こともたるみの一因になっています。

「広頚筋」は首の前面の広い範囲の皮膚直下に広がっている薄っぺらい筋肉ですが、この筋肉の緊張によって、あごのラインが下に引っ張られているのです。
この下に引っ張っている筋肉の力をボトックスを使って弱めることで「あごのラインをリフトアップ」して、あごから首にかけての美しいネックラインを実現するのが『ネフェルティティリフト』です。

ネフェルティティは、古代エジプトのファラオの正妃で、黄金のマスクで有名なツタンカーメンの義母にあたる人です。クレオパトラと並ぶ古代エジプトの三大美女の一人とされていて、その美しい胸像が特に有名なこともあり、それにちなんで「ネフェルティティリフト」と名付けられたようです。

今回は、このネフェルティティリフトの原法の一部を省略して、あごのラインにボトックスの注射をしました。
(同時に、前額、眉間、目尻・目の下などにもボトックスを注射していますが、こちらはあごのラインには影響を及ぼしません)

お見せする症例写真は50代女性の方で、上段がボトックス注射前、下段がボトックス注射の約3週間後(19日後)です。

ボトックスリフトによるマリオネットラインの改善、左斜め
ボトックスリフトによるマリオネットラインの改善、正面
ボトックスリフトによるマリオネットラインの改善、右斜め

如何でしょうか?
マリオネットラインの改善(もともと左右差がありますが、左側=写真の右側で大きく改善しています)、口角の挙上(左右差が出ていて、左=写真の右が特に上がっています)などがはっきり分かるかと思います。

左右差は、効き目の弱い側にボトックス注射を追加することで修正することが可能です。

副作用は、「食事の際に、下唇と歯の間にごはん粒がたまる」現象が見られました。
これは、あご先のボトックス注射でときどき見られる副作用ですが、今回はそれが特に強めに出ました。

その他、内出血などが主なリスクとなります。
(今回は殆どなかったようです)

ボトックス注射だけでマリオネットラインがこれほど改善するのは魅力的ですね。
メニューにはまだ掲載していませんが(費用は初再診料は別で75,000円を予定しています)、興味があるという方、モニターご希望の方がいらしたら声をおかけ頂ければ幸いです。

ボトックス注射についてはこちらをご覧下さい

化粧品の取り扱いについて

現在、海老名メディカルサポートクリニック美容外科・美容皮膚科では、ZO SKIN HEALTH、NAVISION DR、ENVIRON、Cellnewなどの化粧品を取り扱っておりますが、Uビューティクリニックでは、これら取り扱いアイテムの見直しを致します。

現在のところ取り扱いを予定しているアイテムについて、UビューティクリニックのHPにアップしました。また、これに伴って在庫整理のためのセールを行います。詳細はこちらをご覧下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

ようやく正式発表

Uビューティクリニックの開院と、その前提としての海老名メディカルサポートクリニック美容外科・美容皮膚科の閉科は、すでに院内(診療スペース)とこちらのページではご案内しておりましたが、海老名メディカルサポートクリニック美容外科・美容皮膚科のホームページではご案内がまだでした。
それがようやく昨日、ホームページにお知らせが掲載されました。これで、現行のクリニックにしばらくいらしてない方に向けてもご案内ができる運びになりました。

Uビューティクリニックのホームページは少しずつ書き足していて、だいぶボリューム感が出てきました。診療メニューで、料金を掲載していないページは、部位別などが複雑なので、後回しにしております。(変更予定というわけではありませんので、ご安心下さい)
エステが未掲載ですが、これはエステティシャンが決まらないとサービスのご提供そのものができないからです。

というわけで、エステティシャンを募集中です!
美容の仕事を愛している方を歓迎します。
自分のキレイを磨きたい方には、私たちも目一杯の応援をさせて頂きます。
ぜひ、私たちと一緒に働きましょう!

よろしくお願い致します。

スタッフを募集します

Uビューティクリニックでは、現在の海老名メディカルサポートクリニック美容外科・美容皮膚科の医師・看護師がそのまま診療にあたる予定ですが、エステティシャン(ご希望に応じて常勤またはパート)は新たに募集します。
また、形成外科の保険診療にあたる看護師(パート)も同時に募集します。

美容の仕事を愛していて、情熱を持っている方、そして、自分のキレイも磨きたい方、私たちと一緒に働きませんか?
経験者の方は優遇します!

興味を持って頂けたら、下記リンクをご覧下さい!
Uビューティクリニック・スタッフ募集

クリニック名が『Uビューティクリニック』に決まりました

来年4月に開院する新しいクリニック名を『Uビューティクリニック』”U Beauty Clinic”に決めました。

私自身やスタッフからいろいろな案が出てはいたのですが、なかなか決まらず。
ある日、スタッフの一人と話しているときに、私の名前のイニシャルをつけるのはどうかという話になり、臼井(うすい)から取った”U”に「ビューティクリニック」をつけた『Uビューティクリニック』に決定しました。

ちなみに、洋(ひろし)から取った”H”は、発音が「えっち」でちょっとイヤな感じになりましたので却下となりました。「ゆー、ビューティ」ならば”you beauty”で、文法は変ですが「あなた、キレイ」の意になるのが良いのではないかと。

当初は別のクリニック名を考えていたのですが、全く別の名称になりましたので、それに合わせてホームページを新しく作り直しました。

↓こちらのリンクから新しいHPをご覧頂けます↓
Uビューティクリニック

まだ診療メニューは少ししか書いていませんが、少しずつアップしていきます。開院に合わせてお得なキャンペーンも行うかもしれません(未定です)ので、時々ご覧頂けましたら幸いです。